読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キバラヘリカメムシのテテオ

乳児が受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、従来の生ワクチンにかわり、2012年9月1日より原則無料で受けることのできる定期接種となることによって、集団接種ではなく病院などの医療機関で個々に注射する個別接種という形になりました。
急性腸炎(acute enteritis)は、普通は腹痛・吐き気・嘔吐・腹下しに見舞われる位で済みますが、細菌感染による腸炎の場合は酷い腹痛・ずっと続く吐き気・幾度も繰り返す嘔吐・下痢に加えて38度以上の高い発熱が特徴なのです。
虚血性心疾患の心筋梗塞とは心臓の周囲にある冠動脈の動脈硬化によって血管の内側が細くなってしまい、血流が途切れ、大切な酸素や栄養が心筋まで送られず、筋細胞そのものが死ぬ大変危険な病気です。
年々患者数が増加しているうつ病では副交感神経が優位になると脳で分泌される神経伝達物質である「セロトニン」が足りなくなった結果、憂うつ、数時間しか眠れない不眠、疲労感、食欲低下、5kg以上の体重減少、強い焦燥感、顕著な意欲の低下、「消えてなくなりたい」という希死念慮、そして重症の場合自殺企図などの辛い症状が見られるのです。
薬剤師転職 下関
内臓脂肪症候群(メタボ)であるとは断言されていなくても、内臓に脂肪が多く付着する型の肥満症を持つ事により、複数の生活習慣病を起こす可能性が高まります。
ハーバード大学医学部の研究結果によれば、一般的なコーヒーと比較して1日あたり2カップ以上はカフェインが90%以上除去されたコーヒーで代用すると、驚くことに直腸癌の発症する確率を5割も減少させたという。
流感とも呼ばれるインフルエンザに合った予防対策や手当というような基礎的な対処策というものは、季節性のインフルエンザであっても新型のインフルエンザでもほとんど変わらないのです。
過飲過食、体重過量、喫煙、消費カロリーの低下、多忙によるストレス、老化というような多様な原因が揃うと、インスリンの分泌量が減ったり、機能が衰えたりして血糖値が高くなる2型糖尿病を発病するのです。
基礎代謝量(きそたいしゃりょう)は睡眠中ではなく覚醒状態で命を維持していく(心臓、鼻からの呼吸、腎機能の動き、体温や筋緊張の維持等)のに必要な最も低いエネルギー消費量の事を指しているのです。
耳鳴りは2種類に大別され、本人だけに感じられることを特徴とする「自覚的耳鳴り」と、血液が流れる音のように当事者以外の人にも高性能のマイクロホンなどを使うと響いていると言われている「他覚的耳鳴り」とがあり、処置の仕方が変わります。
悪性腫瘍である卵巣ガンは、通常なら身体をがんから護る役目を担う物質を生み出すための鋳型のような遺伝子の不具合によって発症してしまうということが分かっています。
老化による耳の聞こえにくさでは段階を経て聴力が低下するものの、多くの人は還暦を超えないと聴力の老化をなかなか自認できません。
脚気(beriberi)の症状は、手や足がジンジンと痺れたり脚の浮腫みなどが一般的で、進行すると、重症の場合、心不全などを招く可能性があるそうです。
高血圧(hypertension)が長い間続くと、血管に重い負荷がかかった挙句、頭の先から足の先までありとあらゆる場所の血管にトラブルが発生して、合併症を発症する可能性が拡大するのです。
食中毒を起こすことで有名なブドウ球菌(staphylococcus…staphylo-はラテン語で「ブドウの房」、coccusは「粒」の意)はパープルに染色されるグラム陽性球菌であり、大別すると毒力の非常に強い黄色ブドウ球菌(おうしょくぶどうきゅうきん)と一方は毒素があまりないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci)の2種類があるのです。